このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
028-614-2558
営業時間:平日09:00-18:00

Couleur.projet 

地域社会と企業、生活者をつなぎ、

家族の笑顔をつくる

Now for the smiles of the family,
and for the future 100 years from now.

平和で豊かな社会のためには家族が笑顔になることが一番大切。
今の家族の笑顔、そして100年後の未来へツナガル笑顔。
さらに私たち自身が笑顔を大切にし、日々活動していきます。

195,000世帯の子育て家族へダイレクトにリーチする
栃木・茨城・群馬・埼玉に特化した
子育て家族向けメディア&プラットフォーマー

01 Media

幼稚園・保育園などから、手渡しで子育て家族へ届く
情報誌メディアの全国展開

栃木40,000部、茨城45,000部、群馬40,000部、埼玉70,000部を隔月で幼稚園・保育園に配布し、手渡しで子育て家族に届ける情報誌クルール。未就学児童を持つ子育て家族に特化することでターゲットを絞り効率よく情報提供できる、セグメントされた媒体。情報を取りに行かなくても子育てママに必ず届き、暮らしや子育てに関するコンテンツも充実。情報のかたまりに瞬時にたどり着けること、発行コストのかかる質感の高い紙媒体は特別感から返報性の原理が働くことが特徴。

02 Event

子育て家族と地域社会をつなぐオン・オフの
イベント企画運営


家庭の購買影響力の約9割はママが担っています。子育てママの反応を直接感じ取れるイベントは、販売促進に限らず商品開発のヒントにもつながります。オンラインは場所や時間を問わず子育てママにつながり、通信映像技術を駆使したメッセージとオンラインコミュニティを実現。オフラインは子育てママと同じ空間を共有、五感をフル活動した意思疎通は共感を育む絶好の機会です。社会や地域と希薄になりがちな子育て期間に、子育てママは有意義な繋がりを求めています。

03 Nursery

仕事や家事などで忙しい子育て家族に寄り添う
託児サービス運営

企業の皆様が子育て家族を集客するイベントや子育てママ向けの講演、女性社員の復職セミナー、企業内託児など、お子さまを一時的に預けたいシチュエーションは、企業と子育て家族の双方に増加しています。お子さまを預かるスペースをご用意頂ければ、弊社保育スタッフを手配し、お子さまを安全にお預かり致します。お子さまは、はじめて家族以外の人と関わり、社会とのつながりを体験し、成長の機会を持つことができます。

04 Marketing

消費者のマインドを生かした
市場調査や商品開発などのマーケティング

栃木・茨城・群馬・埼玉に特化した、子育てママ会員17,000名に独自のマーケティングリサーチを実施。それぞれの地域事情や属性など、よりセグメントされたマーケティングリサーチが可能です。子育てママのクラスター分析、意識調査、覆面調査、グループインタビュー、モニタリング、サンプリングはもちろん、コロナ禍における子育て家族の現状など、時事調査も時流にスピーディーな対策をするためのエレメントになります。

05 Sales promotion

生活者の目線から組み立てる企画
商品サービスを「伝える」から「伝わる」へ

会員へのアンケート調査やグループインタビューで、商品サービスを選択する視点を探ります。また、会員からスカウトした子育てママに、販促物のモデルとして登場してもらいます。企業側では想定できない、商品サービスの特徴や使用感のコメントは、購入を検討する生活者の共感を促します。生活者目線からアプローチする販売促進は、「伝える」から「伝わる」へ。購買意欲の底上げにつながります。

ニューノーマル時代に子育てママが賑わう
クルール@オンライン

Pickup

クルールは「きんようフェス」を始めます

人とつながることが難しくなっている今、必要なのは「みんなが安心して集える場」。
地域の子育て家族と企業がつながる新しいオンラインコミュニティ。
「金曜日になれば『きんフェス』がある!

わたしたちの実績
地域社会と企業、子育て家族をつなげた事例

Performance
Case.68

思いっきり観戦できるように、
キッズルームを開設。
若い女性やファミリー世代が気軽にスタジアムへ遊びに来てほしい。しかし、スタジアム内は段差が多くべビーカーでの来場は難しい。県内で託児をしてくれるところを探していた時、話を聞いた認定こども園から「託児所を設置するならクルールさんが良いよ」と聞き、栃木ブレックスさんも利用していることから、2019年の春から試験的に託児を開催しました。
Case.66

763名がクーポンを利用し、
キッズパークで雪遊びデビュー!

スキー場「マウントジーンズ那須」の認知度向上。「マウントジーンズ那須」へ行ったことのない子育て層の来場を促したい。クルールに「マウントジーンズ那須」の1ページ広告を出稿。誌面には、初の無料クーポンの試みとして、1,200円相当の「キッズパーク無料クーポン」も掲載。12月末から2月中旬までの約1カ月半で、子ども202名・同伴者561名の計763名がクーポンを利用。


Case.61

「飽きずに待てるワークブック」
子どもとスタッフが仲良くなる講座

お客さまとのふれあいを大切にする。子どもの頃から親しみを持ってもらうことで、将来のファンづくりにつなげたい群馬トヨペット。商談やメンテナンス時に来場の子どもたちが飽きずに待っていられるためのワークブックを提案。店舗から動物園までドライブするストーリーを通じて「めいろ」「クイズ」「てんつなぎ」「まちがいさがし」などの多くの遊びを掲載した冊子に。

Case.61

「飽きずに待てるワークブック」
子どもとスタッフが仲良くなる講座

お客さまとのふれあいを大切にする。子どもの頃から親しみを持ってもらうことで、将来のファンづくりにつなげたい群馬トヨペット。商談やメンテナンス時に来場の子どもたちが飽きずに待っていられるためのワークブックを提案。店舗から動物園までドライブするストーリーを通じて「めいろ」「クイズ」「てんつなぎ」「まちがいさがし」などの多くの遊びを掲載した冊子に。


What we do

家族と企業と地域を結ぶ架け橋。 
家族の声を地域社会と企業へ、地域社会と企業の声を家族へ。 
情報や商品を通して、それぞれの距離を縮めるお手伝いを使命とします。

そして、子育て家族が笑顔で暮らせる環境づくりを目指します。

わたしたちの想い

〈クルール・プロジェが考える広告とは〉

「受け手である生活者が知りたいことを伝える」というところから出発しています。
その上で、大きく分けて次の4つの特徴があります。

*共感広告
企業の商品・サービスを「伝える」から「伝わる」広告に。生活者自身が、ありのままの気持ちを言葉にして体験談や感想を語ります。同じ立場で、商品・サービスの良さを伝えることで、受け手の生活者もその気持ちに共感し、より商品への理解が深まる広告となります。
*未来広告
子育てママが家庭に取り入れ習慣にしたものは、その家庭で育つ子どもたちにとって「当たり前の商品・サービス」になります。子育てママへ伝えることは、家族の願いを実現し、地域を担う子どもたちの夢を育むことでもあります。企業にとって、それが未来のファンづくりにつながると考えます。
*物語広告
各企業の商品・サービスが完成し、世に出るまでには、その企業の歴史や携わったスタッフの方々の強い想いと歴史があります。開発の想いや商品・サービスに込められたストーリーも一緒に伝えることで、商品・サービスの良さをより深く伝えることができます。
*立体広告
広告の大切なことは、何をどう伝えるか。「マガジン」「リアル」「ウェブ」はその手段です。ブランディングなら「紙媒体」。生活者を集め直接話をするのなら「リアル」。リアルタイム情報発信、相互コミュニケーションなら「ウェブ」。より効果的なプロモーションを選択してご提案いたします。

〈クルール・プロジェが企業にお約束できること〉

クルール・プロジェは、企業の「お客様」である生活者の視点に立って、
企業の求める成果のためのご提案を行います。
「集客をしたい」と一口に言っても、その集客には種類や段階があります。
初めてのお客様なのか、既存のお客様なのか。
一度来てくれた人とつながるためのツールと、初めての人に広く伝えるためのツールは異なります。
そこで、クルール・プロジェは、プロセスに最適なツールを考えご提案しています。
今までお取り引きさせていただいた中で、
成長を続けていたり、売り上げが伸びている企業の例はたくさんございます。
ぜひその事例のお話をさせてください。

企業へのお約束クルール・プロジェが企業にお約束できることは、
寄り添って共に同じ方向を見つめること。
同じ方向を見据えて、売り上げアップなど企業の求める成果のために努力していきます。


Access
クルール・プロジェ本社
会社名 株式会社 クルール・プロジェ
住所 〒321-0933 栃木県宇都宮市簗瀬町1784-2 Yanaza BLDG 2F
電話番号 028-614-2558
設立 2005年12月22日
資本金 20,000,000円
取締役

代表取締役 阿久津 潤
  取締役 清水 邦彦

Website http://www.couleur-projet.co.jp
http://www.couleur-mama.net

加盟団体

社団法人 とちぎニュービジネス協議会 / 公益法人 宇都宮法人会 / 公益財団法人 宇都宮青年会議所
設立 2005年12月22日

創業者【阿久津 智子】実績

  • 栃木県公益認定審議委員 / 栃木県女性活躍推進会議委員 / エコ農業とちぎ推進会議委員 /  栃木県産業振興センター理事 / とちぎニュービジネス協議会代表社員

    2005年  4月 有限会社ブランシャにて、クルールとちぎ版をプレ創刊(発行部数4万部)
    2005年  6月 ママのための講座「クラブクルール(現ママズカレッジ)」運営開始
    2005年10月 クルールとちぎ版創刊
    2005年12月 分社化により株式会社クルール・プロジェ設立
    2009年  3月 日本女性起業家大賞・奨励賞受賞
    2010年11月 平成22年度とちぎ産業活力大賞特別賞受賞
    2010年12月 ママの起業などを支援する「ドリカム塾」スタート
    2012年  6月 第1回ママズパーティ開催とちぎ
    2014年10月 他界

    【創業者のことば】
    *乗り越えられない壁にはぶつからない
    *成功した人の成功した理由は「あきらめなかったから」
    *上を見てはきりがない。下を見る意味はない
    *止まない雨はない。明けない夜もない。夜明け前が一番暗い
    *たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほうとうに生かさなかったら、
     人間生まれてきたかいがないじゃないか(山本有三「路傍の石」より)
    *事件は現場で起きている(映画・踊る大捜査戦)
    *真実はひとつしかない(ドラマ・きらきらひかる)

Contact
お気軽にお問い合わせくださいませ。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。